何が効いたのか???血圧が上下とも下がった!という話

みなさん、こんにちは。

市民マラソンランナーのアキラです。

今週(9月8日~)に入ってから、連日暑い日が続いていますね。

まさに厳しい残暑です。

真夏を過ぎてから涼しい日を何度か経験しているので、そのあとのこの暑さはさすがに堪えますね。

昔から「暑さ寒さも彼岸まで」と言われますが、ということは、お彼岸(秋分の日を中日とした7日間)までは残暑が続くかもしれませんよ・・・ということでしょうか。

健康診断、受けていますか?

mohamed_hassan / Pixabay

ところでみなさん、「健康診断」は受けていますか?

会社勤めの方でしたら毎年会社でありますよね。

私が勤めている会社でも毎年実施されていますが、今年の健康診断が、今週の月曜日にありました。

検査項目は身長、体重、視力、聴力、検尿、検便に始まって、血圧や心電図、そしてメインはバリウムを飲んでの胃部レントゲン検査ですね。

この中で毎回、私が一番気にしている数値。

それは「血圧」です。

実は私、少なくとも去年まで3回連続で、血圧が上も下も基準値(上:90~129、下:≦84)を上回っているんです。

つまり、高血圧(の予備軍)なんです。

去年の測定値は上が147、下が96でした。

素人判断ですが、その要因となっているのは、間違いなく「アルコール」か「塩分」です。

もしどちらか選べと言われれば、「アルコール」が主犯だと思っています。

国立循環器病センターのホームページによると、「アルコールは血圧を一時的に下げることもありますが、長い間飲み続けると、血圧を上げ、高血圧症の原因になると考えられています。

多くの研究で、日々の飲酒量が多いほど血圧の平均値が上がって、高血圧症になるリスクも高まることがはっきりしてきました」とのことですので、間違いないでしょうね。

分かってはいるんですが、なかなかセーブできないのがお酒なんですよね。

しかし、高血圧の状態が長く続くと、動脈が硬くなったりもろくなって「動脈硬化」を起こしやすくなるそうですし、脳や心臓などにも重大な病気を引き起こす要因になります。

一念発起して断酒+節制生活!

Alexas_Fotos / Pixabay

そこで、決して「検査の時だけ良い数字を出そう!」などと思ったわけではないのですが、短期間の節制でどの程度の効果があるのか検証してみようと思い、ダメ元で、検査日までの一週間、節制生活を送ってみることにしました。

節制と言っても大したことはしていません。

私がやったのは

①1週間の完全断酒(これは大したことでした!)

②糖質(白米、麺類など)、脂質(揚げ物など)、塩分(塩辛いもの、ラーメンの汁など)の摂取を控える

③食事の量自体を減らす

④毎朝、納豆を1~2パック食べる(普段から習慣的に食べていますが)

⑤毎日、バナナを2~3本食べる(ほぼ白米の代わり)

⑥毎朝、ストレッチと上半身・下半身の筋トレ(最近、ちょっとサボっていました)

というものです。

何か専門的な知識に基づくものではありません。

どれも、なんとなく体に良さそう、血圧を下げるのに効きそうなどと勝手に思って実践してみました。

実践期間はちょうど一週間。

検査日前週の月曜日から検査日前日の日曜日までです。

この中で一番辛かったのは・・・やっぱ「断酒」でした。

一週間も連続で断酒するのは何十年ぶりのことです。

我ながらよく我慢したなと思っています。

血圧、下がりました~っ!!!

StarFlames / Pixabay

そうやって臨んだ健康診断当日。

「バス健診」なので、朝から大きなバスが会社に乗り込んできて、関係者(医者、レントゲン技師、看護師など)の方が準備をしてくれました。

そしていよいよ健診が始まり、やがて私の番がやってきました。

受付を済ませ、健診着に着替えて検査の始まりです。

検便を提出し、尿を採り、聴力とお腹回りを測り、いよいよ問題の「血圧測定」です。

実は、一週間という短い期間ではありましたが、断酒を含めた節制生活をしてきたおかげで、体感的に「血圧は下がっている」という自信がありました。

なんというか、心臓と血管が落ち着いているというか、穏やかになっている感覚があったのです。

そして出た結果は・・・

上が昨年の「147」から「128」に(-19)。

下が昨年の「96」から「77」に(-19)。

上下どちらも昨年から19ずつ下がって、基準値以内に入りました。

「やった~!」

私は心の中でガッツポーズ。

この数字でも高めは高めなのですが、4年ぶりに基準値以内に入って一安心です。

一週間、大好きなお酒を我慢して本当によかったと思いました(注:断酒が血圧降下に寄与したかは不明です)。

これからも節制生活を続けます!

ということで、これはあくまでも私の感想ですが、一週間の節制生活は無駄ではなかったと思っています。

ただ、健診前にだけ節制しても意味がありません。

これで節制生活の効果は実証できましたので、これからも適度に節制を続け、いつまでも走り続けられるよう健康な体を維持したいと思います。

※お断り:記事中に医療や健康に関する情報が含まれていますが、あくまでも私自身の知見と経験に基づく情報です。専門家ではありませんのでご了承願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする