「奈良マラソン2019」奈良県民枠エントリー合戦の結果はいかに???

みなさん、こんにちは。

市民マラソンランナーのアキラです。

季節はすっかりと梅雨の時期に入りましたが・・・、と時候の挨拶から始めたいところですが、実は私の住んでいる奈良、すなわち近畿地方は、今日(6月26日)の時点で、まだ梅雨入りしていないんですよ。

近畿地方の梅雨入りは、統計を取り始めた1951年以降では、1958年の「6月25日」というのがもっとも遅い日だったそうですが、今年はこの記録を更新しました。

今日もまだ雨が降りそうにないので、雨の予報となっている明日(6月27日)が近畿地方の梅雨入りとなるのでしょうかね。

しかしまあ、これだけ遅くなると、逆に梅雨明けがいつになるのか心配になってきますね。

神戸マラソンと大阪マラソンの抽選結果発表!

さて、ここからマラソン大会の話題になりますが、先週は、関西では大きな2つの大会の抽選結果発表がありましたね。

まずは「神戸マラソン」。

18日(火)に発表がありましたが、エントリーされた皆さん、結果はどうでしたか?

私もエントリーしていたのですが、結果は残念ながら4年連続の「落選」でした。

今年は倍率が4倍弱だったそうですから、4年連続落選っていうのもありうることですね。
また来年チャレンジします。

それから21日(金)には「大阪マラソン」の抽選結果発表がありましたね。

こちらもエントリーしていましたが、残念ながら「落選」でした。

正直、「え~っ、今年もアカンの?」って感じです。

私ねえ、今年で第9回を迎えるこの「大阪マラソン」、実は一度も当選したことがないんですよ。

見事にハズレっぱなし。

今回のエントリーでも「連続落選者優先枠」みたいなものがあったと思うんですが、それでも落選です。

ホントに「なんで??」って感じです。

何回も走っているランナーの方もいるっていうのに・・・。

あ~~、大阪走りたい。

来年こそ当ててやる!

奈良マラソン(奈良県民枠)のエントリー合戦の結果は?

さて、私は奈良在住ということで、ブログの中でも「奈良マラソン」に関する情報をこれまでいくつか発信してきました。

その「奈良マラソン2019」の「奈良県民枠」の先着順エントリーが、こちらも先週金曜日(6月21日)の20時に始まりましたね(ほんの数分間の勝負なので、「行われました」と書くべきか)。

みなさん、結果はいかがだったでしょうか?

私はと言うと・・・やっちゃいました!(ということは、もちろんエントリー失敗)

この日はいつもより早めに帰宅し、パソコン前に陣取ってエントリー開始前に、「RUNNET」にログインして、ずっと“その時”を待っていたんです。

去年も一昨年もその前の年も、毎年こうやって準備万端整えて、“その時”を待ってきたんです。

ところがあろうことか、ちょっとした(というか、初歩的な)操作ミスを犯してしまい、ほんの数分間“クリック”が遅れてしまったんです。

パソコンの操作にはかなり慣れているつもりなんですが・・・。

そしてお察しの通り、この数分間のタイムロスが命取りになりました。

とりあえずはいつもの「30秒待ち」の画面が出たので、ハラハラしながら何回か画面が切り替わるのを待ちました。

そして「30秒待ち」の画面を数回(何回かは全く覚えていません)繰り返した後、ようやく「入力画面」に移ったんです。

この時は、正直「よし、やった!ここに入れたらもう大丈夫」くらいに軽く考えていたんですよ。

でもまあ、早いに越したことはないと思ってテキパキと(と自分では思っているのですが)必要事項を入力していきました。

そして、最後まで入力が終わり、最後のボタンをクリックして「完了!」と思ったとたん・・・、初めて見る「定員に達したため受付終了」との画面が現れました。

楽観気分で最後のボタンを押した私は、頭が真っ白になりました。

「え~っ、マジ~、そういうこと~!」

私は、過去に、この入力画面に入ってからハジかれたことが一度もなかったので、このパターンは初めてでした。

そういうことがあるということ自体はネット情報などで知ってはいましたが。

でも考えてみれば、それはありますよね。

入力時間にも早い・遅いがあるでしょうし、途中で入力をやめてしまう、あるいは中断してしまう人もいるでしょうから。

ということで、奈良マラソンエントリー合戦の初戦は惨敗(惜敗?)でした。

県外の方には申し訳ないのですが、本日(6月26日)の「一般枠」のエントリー合戦に改めて参戦させていただきます。

今度はつまらないミスのないよう、万全を期して臨みます。

「奈良マラソン2019」にエントリーされる皆さん、今夜8時、「RUNNET」でお会いしましょう!

みなさんのご健闘をお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする