「東京マラソン」の日に「篠山ABCマラソン(兵庫県篠山市)」を走ってきました。

みなさん、こんにちは。

市民マラソンランナーのアキラです。

3月に入ってから、私の住んでいる奈良は、目に見えて「最低気温」が上がりました。

だから“凍えるような朝”というのもほとんどなくなりました。

寒がりの私にはとてもうれしい限りです。

毎日の出勤も楽になり、いよいよ春が近づいてきたなと実感しています。

3月3日(日)は「東京マラソン」そして「篠山ABCマラソン」

スポーツオーソリティ(SPORTS AUTHORITY)公式通販サイト

さて、今週の日曜日、3月3日(日)は「東京マラソン」、そして関西では「篠山ABCマラソン(兵庫県篠山市)」が開催されました。

両大会に出場された皆さん、結果はいかがだったでしょうか?

「東京マラソン」では、早い段階から雨が降り出し、雨対策・寒さ対策が大変だったようですね。

ちなみに、スタート時の気温は5.7℃だったそうで、そこへさらに冷たい雨が体を冷やすわけですから、さぞかしきつかったでしょうね。

日本記録を持ちながらも、今回は29km 過ぎで棄権した、あの大迫傑選手でさえ、

「スタート地点から寒くなって、身体が動かなくなり棄権せざるを得ない状況でした」

というくらいなので、かなり厳しい条件だったに違いありません。

私も過去に一度、スタート時の気温が4℃の雨の中でフルマラソンを走ったことがありますが、もう寒くて寒くて、走っているというよりも我慢比べをしているような気分でした。

とりあえず、かなりの距離を歩いてゴールまではたどり着きましたが、今でもその時のタイムが私自身のワースト記録です。

私はその日、一応“雨対策”として、1、体中にワセリンを塗り、2、防水仕様のキャップをかぶり、3、透明の雨がっぱを最初から最後まで着用して臨みました。

それでも結局、雨には勝てませんでした。

やはり、この時期の雨というのは厳しいですね。

私は、雨のマラソンで途中棄権するのは仕方のないことです。

だって、一流選手でさえ寒いんですものね。

私の「篠山ABCマラソン」参戦記

会場近くに建つ「ぼたん鍋」屋さん。 大きなイノシシがお出迎え!

さて、一方の「篠山ABCマラソン」ですが、こちらも実は午後から雨の予報だったんです。

ですので、スタート時点ではまだ降っていませんでした。

レース中に何度か“お湿り”程度に小雨が降ったくらいで助かりました。

その後、遅い時間になってやや雨脚が強まりましたが、その時はすでに私はレースを終え、預けていた荷物を受け取っていたので、リュックに忍ばせておいた雨がっぱで対応できました。

レースを終えてから東京マラソンでの雨の状況、そして大迫傑選手が途中棄権したことをネットニュースで知り、こちら(篠山ABCマラソン)はあの程度の雨で済んで良かったとつくづく思いました。

篠山城壁

さて、私の結果なのですが、タイムよりも「よく戦った!」と自分をほめたいくらいの内容でした。

私のこれまでの自己ベストタイムは、このブログの自己紹介欄に書いている通り「3時間28分です」

今回、このタイムを更新することはできませんでした(これで、私のレベルが大体お分かりになると思います)。

でも、必死に戦ったんです、弱い自分と・・・。

ランナーのために「しし汁」の用意をしてくださっているおねえさん方!ありがとうございます。

私は今回、「サブ4」(=4時間切り)を目標に設定しました。

実は、この3年くらい「サブ4」を達成できていなかったんです。

もしこのままだと、ずるずると記録が落ちていくのではないかという危機感をずっと持っていました。

そこで今回の目標を「サブ4」にしたわけなんです。

それと走る前にもう一つ、決めていたこと。

それは「途中で歩かない、止まらない」というもの。

できるかどうかは走ってみないとわからないのですが・・・。

「おはよう朝日です」のおき太くんもお出迎えです。

私も含めてギリギリ「サブ4」レベルのランナーだと、だいたい25kmから30km辺りで徐々に、足がつったりヒザがめちゃくちゃ痛くなったりしてきます。

そして、歩いたり止まったりし出すんですよねえ。

でも、途中で歩いたり止まったりし出すと、それを何度も繰り返すことになり、さらに気持ちも折れてきますので、私の実力(走力)では間違いなく「サブ4」は無理です。

だから今回はなんとか「途中で歩かない、止まらない」を実現しようと心に決めていました。

そしていよいよスタート

私がいつもお土産を購入している「大正ロマン館」

スポーツオーソリティ(SPORTS AUTHORITY)公式通販サイト

「サブ4」は、単純計算だと1kmあたり5分40秒で走らないと達成できません。

では、単純にそのペースでスタートからゴールまで走れるかというと、「サブ4」レベルだとそうはいきませんよね。

前半はペースを守れても、後半に何が起こるかわかりませんから。

ですので、私の場合は、前半はそれよりも少し早いペースで走るようにしています。

そうやって前半は順調に走ることができました。

しかし、やはりというかいつも通りというか、25kmを過ぎたあたりから足がきつくなってきました。

今にも足がツリそうな感じが続き、力を入れすぎず、抜きすぎず、どうにか走り続けました。

やがて、30km過ぎの折り返し点を通過し、さらに32km地点にたどり着きました。。

いよいよ残すところ約10km。

タイムはこの時点でちょうど3時間ほど。

つまり、「サブ4」までの残り時間は1時間ほどでした。

ということは、遅くとも1km6分ペースを守らないといけません。

最近の“負け試合”のパターンだと、この辺りから歩いたり止まったりがどんどんと増え、それに比例してタイムがあれよあれよという間に過ぎていき、「サブ4」が達成できませんでした。

私と同じくらいのランナーの皆さんならお分かりになると思いますが、レース後半の、足がツリそうな感じの時や、ひざなどの関節が悲鳴を上げている時など、本当に止まりたくなりますよね。

「もう、このまま歩いてゴールしよう」とか「もうサブ4なんてどうでもいいや」なんていう弱い気持ちがひょっこり顔を出してきたりします。

私もこの時、まさにそうでした。

しかし今日は、何としてでも「サブ4」を達成しようという強い気持ちでここまで走ってきましたので、私は「1km6分ならイケる!」と自分に言い聞かせ、弱い気持ちを押しのけ、必死のパッチで足を動かし続けました。

1Kmずつの距離表示が見えるたびに「よし、イケる!」と自分を鼓舞し、走り続けました。

そしてようやく「あと1km」の表示が見えた時、私は「サブ4」を確信しました。

もう足は限界に近かったのですが、沿道からの応援のお陰もあり、私は最後の1km約6分間を、勝手に「ウィニングラン」のつもりで楽しみながらゴールしました。

3年3か月ぶりの「サブ4」達成です。

大会スタッフの皆さん、そしてたくさんのボランティアのみなさん、本当にありがとうございました。

また来年もよろしくお願いします。

完走メダルと記念品のTシャツ。完走メダルは瀬戸、常滑、信楽、備前、越前とともに日本六古窯の一つに数えられる「丹波焼」です。

大きな収穫を得ました!

スポーツオーソリティ(SPORTS AUTHORITY)公式通販サイト
さて、私は今回のマラソンで、とても大切なことを学び、経験しました。

まず一つ。

「マラソンランナー」の「マラソンランナー」たる所以(ゆえん)は何か。

それは「脚力」や「体力」だけでなく、最後の「粘り」と「精神力」だと思うのです。

あとの二つがなければ、それは単なる「ランナー」なんだと。

そして、日ごろからその「粘り」と「精神力」を養うトレーニングこそやるべきであって、今さら「足を鍛える」ことで満足していてはいけないのだと思ったのです。

それともう一つ。

今回のレースの残り10kmは、本当に(弱い)自分との戦いでした。

そして、練習でもここ何回かの大会でも、いつも私は負けていました。

でも今回、私は見事に弱い自分に勝つことができました。

ゴールした後、さわやかな満足感、そしてこれからもっとタイムを伸ばせるという自信を持つことができました。

来シーズンに向けて

私の今シーズンのマラソンはこれで終わりです。

次はおそらく今年の秋、「大阪マラソン」か「神戸マラソン」あたりが来シーズンの走り初めになるだろうと思います。

もちろん、「抽選」に当たればの話ですがね・・・ハハハ。

それまで日にちが空きますが、今回の体験を生かし、さらに上を目指して練習に励もうと思います。

「東京マラソン」そして「篠山ABCマラソン」に参加された皆さん。

そして勝った人、負けた人、目標を達成できた人、できなかった人。

結果はどうであれ、今の気持ちを大切にして、自信を持つべきところは自信を持ち、反省すべきは反省し、これからの練習や次のレースに生かしましょう。

「体験」は決して無駄にはなりません。

間違いなくあなたの人生の肥やしになっていますよ。

ではこの辺で、私の「篠山ABCマラソン」レビューを終わります。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

また会いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする