今年は「スポーツウォッチ(ランニングウォッチ)」を買ってみようかなと・・・。

Amazon-ランニング・ジョギング
みなさん、こんにちは。

市民マラソンランナーのアキラです。

早いもので、昨日から2月に入りましたね。

ゆっくり、のんびり、酒を飲み、テレビを観て過ごしたお正月休みがつい先日だったように感じるのですが、みなさんはいかがですか。

通常国会、日EU経済連携協定(EPA)、そしてプロ野球キャンプイン

さて、今週はいくつかの大切な「スタート」がありました。

まず1月28日(月)には、平成最後の「通常国会(第198回)」が始まりました。

6月26日までの150日間開催されるそうです。

安倍総理は会見で「平成最後の国会となります。また、新しい時代が始まる国会ともなります。予算の早期成立を期し、そして教育の無償化等、重要法案の成立を図って、国民の期待に応えていきたいと思います。」【首相官邸ホームページより引用】

と述べています。

そして2月1日(金)からは「日EU経済連携協定(EPA)」が発効しました。

将来的には日本側が約94%、EU側が約99%(いずれも品目数)の関税が撤廃されるそうです。

中には即時関税ゼロになる品目もあるそうで、私たち消費者にとってはありがたいことですね。

でも一方で、製造者のみなさんにとっては、EUからの安い輸入品との価格競争にどう立ち向かうか、悩ましいところですね。

そしてもう一つ、2月1日(金)はプロ野球12球団が揃ってキャンプインしました。

多くの球団が沖縄県内でキャンプを行うようですが、他にも宮崎県や高知県などでも行われるようです。

プロ野球のキャンプが始まると、スポーツニュースのラインナップもプロ野球メインになってくるのでしょう。

私もスポーツニュースなどでプロ野球を観ますが、特にひいきにしているチームはありません。

強いて言うなら、関西人なものですから「阪神タイガース」が少し気になりますかね。

でも、私はどちらかと言うと、特定のチームを応援するというよりも、試合やペナントレースそのもの、あるいは選手一人ひとりのプレーや活躍を見て楽しむといった感じです。

ちなみに好きなタイプ(選手として)は、福岡ソフトバンクホークスのショート、今宮健太選手のような小柄で守備の上手い選手ですかね。

ちなみに今宮選手は、2013年から2017年までの5年間連続で「ゴールデングラブ賞」に輝いている名手です。

「ランニングウォッチ(スポーツウォッチ)」を買ってみようかと・・・

スポーツオーソリティ(SPORTS AUTHORITY)公式通販サイト

さてと、こうして「国会」が始まり、「EPA」が始まり、そして「キャンプ」が始まったわけですが、みなさんは今年に入ってから何か新しいことを始められましたか?

年の初めというのは、何かを始めるのにはいいタイミングですよね。

と言いつつ、私は・・・・何もありません。

去年と全く同じ生活パターンであり、生活リズムです。

仕事もプライベートも。

ランニングにしても、ずっと同じコースを同じ方法で走っています。

それが適切な方法であるなら無理に変えることはないのでしょうけれど、どうも今の練習方法がマンネリ化しているように感じますし、もっと速く、もっと強く走れるようになる練習方法があるようにも思うのです。

そのあたりの研究をもっとしないといけませんね。

それと、去年あたりから気になっていたのですが、「ランニングウォッチ(スポーツウォッチ)」をいつか購入しようとずっと思っているのです。

みなさんはすでに持っておられますか?

ひょっとしたら、10年以上もランニングをしているのに「ランニングウォッチ(スポーツウォッチ)」を持っていない(使っていない)ランナーって、少数派なのでしょうか。

私は10年以上前にランニングを始めてからずっと、普通の(某有名ブランドの)デジタルウォッチを付けて走っています。

これでも十分、時間は測れますし、防水機能も付いているので問題はありません。

しかし、今時(いまどき)の「ランニングウォッチ(スポーツウォッチ)」には、ランニングシーンには欠かせない(←何かの広告のような表現ですが)機能がたくさん付いていますよね。

例えばラップタイムや走行距離、脈拍、消費カロリー、GPSを使った位置情報など、より充実したランニングライフを送れるような機能が盛りだくさんです。

そんな良いアイテムがあるのに、なぜ私はこれまで一度も買わなかったのか。

それは、きっと「走ることへの情熱」が知らない間に薄れていたのではないか・・・と自分では思うのです。

スポーツにしても勉強にしても、あるいは仕事でも趣味でも、何かを始めて、そしてのめり込んでいくと、だんだんとより良い道具が欲しくなってくるものです。

でも「腕時計」に関して私がそこまで思わなかったということは、先ほど書いた通り「情熱」が薄かったのでしょうかね。

でも、今こうして「何かを始める」というテーマで記事を書いているうちに、だんだん「ランニングウォッチ(スポーツウォッチ)」が本気で欲しくなってきました。

というより、買えばきっと走りが変わるのではないかと、何か「道具」に期待する(というかアテにする)気持ちがわいてきました。

ということで、今年はまず「ランニングウォッチ(スポーツウォッチ)」デビューしてみようかと思います。

ネットでいろいろと商品を見てみると、価格も機能もピンキリですね。

メーカーもけっこうたくさんありますし。

まずは初心者モデルを探してみようかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする