「天皇杯全日本サッカー選手権大会」の基礎を初心者が学んだ!

Amazon-ランニング・ジョギング
みなさん、こんにちは。

毎週末のランニングを楽しんでいる市民ランナーのアキラです。

今週末は「奈良マラソン2018」に参戦します。

準備のほうは・・・全く練習不足状態です、はい。

ま、初心に戻って「完走」を目指して頑張って走ります。

天皇杯全日本サッカー選手権大会

では、さっそくですが、今日はサッカー「天皇杯全日本サッカー選手権大会」(と、それに関連する他の情報)について学んだことを書かせていただきます。

あくまでも(私も含め)初心者レベルの情報ですのであしからず・・・。

「天皇杯全日本サッカー選手権大会」(今年から「天皇杯JFA全日本サッカー選手権大会」に名称を変更)は、J1・J2に所属する全チーム、アマチュアのシードチーム、そして47都道府県の代表チームによって争われる大会です。

そして昨日(12月5日)、19時から準決勝2試合が行われました。

対戦は「浦和レッズ(J1)」対「鹿島アントラーズ(J1)」、「ベガルタ仙台(J1)」対「モンテディオ山形(J2)」。

その結果、「浦和レッズ(J1)」と「ベガルタ仙台(J1)」が勝ち、12月9日(日)18時から埼玉スタジアムで行われる決勝戦で対決することになりました。

と、ここでいきなり疑問に思ったこと???

それは・・・「えっ?天皇杯の決勝って毎年元日じゃなかったっけ?」ってことです。

歴史あるサッカーの大会「天皇杯」。

おぼろげにも、私はこれまで何度か、元日の「天皇杯」決勝戦をテレビで観戦した記憶があります。

だから私は、知らない間に何が起こっているのか分かりませんでした。

ということで調べてみました。

今年は日程変更

今年は元々12月16日に準決勝、同24日に決勝が行われる予定だったそうです(それも分からん??)。

しかし、「AFCチャンピオンズリーグ」で優勝した鹿島アントラーズは、12月12日から開催される「FIFAクラブワールドカップ2018」への出場が決まっており、その日程が重なったそうです。

そこで、天皇杯の日程がさらに前倒しとなり、決勝戦が12月9日という日程になったそうです。

ちなみに「AFCチャンピオンズリーグ」はアジアナンバー1を決める大会で、アジアの各地区から合計32チームが出場して行われます。

そして、その優勝チームには「FIFAクラブワールドカップ2018」への出場権が与えられます。

日本からは今年、鹿島アントラーズのほか川崎フロンターレ、セレッソ大阪、柏レイソルの合わせて4チームが出場し、前述の通り鹿島アントラーズがみごと優勝を勝ち取り、「FIFAクラブワールドカップ2018」への出場権を獲得しました。

「FIFAクラブワールドカップ2018」は、クラブチームによる世界選手権大会で、開催国及び6大陸の各代表チームがトーナメント方式で優勝を争います。

今年の各代表チームは以下の通りです。

・アジア代表:鹿島アントラーズ

・欧州代表:レアル・マドリード(スペイン)

・南米代表:未定?・・・その理由はのちほど!

・アフリカ代表:エスペランス(チュニジア)

・北中米カリブ海代表:グアダラハラ(メキシコ)

・オセアニア代表:チーム・ウェリントン(ニュージーランド)

・開催国代表:アルアイン(UAE)

jarmoluk / Pixabay


スポーツオーソリティ(SPORTS AUTHORITY)公式通販サイト

ところで、先ほどの「南米代表」が未定の件ですが、その理由は、決勝戦が予定通りに行われず、代表チームが決まっていないからだそうです。

決勝戦には「リバープレート」と「ボカ・ジュニアーズ」というチームが進みましたが、リバープレートのサポーターがボカ・ジュニアーズのチームバスを襲撃するという事件が発生しました。そこで、決勝戦の開催が延期されているそうです。

ワールドワイドなスポーツ「サッカー」

・・・あれれ、「天皇杯」について書き始めてから「AFCチャンピオンズリーグ」話が飛び、さらに「FIFAクラブワールドカップ2018」、そして「南米代表」の話へ。

サッカーって、さすがにワールドワイドなスポーツだけあって、ネタに尽きませんし、話題が世界規模ですね。

ちなみに、ある調査結果によると、世界のスポーツ競技人口のランキングで、1位の「バスケットボール(4億5千万人)」に次いで、「サッカー」は2位(2億5千万人)だそうです。

1343024 / Pixabay

さて、最後にもう一度「天皇杯」の情報に戻っておきましょう。

12月9日(日)18時から行われる決勝戦。

「浦和レッズ」は2015年大会以来3大会ぶりの決勝進出。

最後の優勝は2006年だそうです。

一方の「ベガルタ仙台」は史上初の決勝進出で、勝てばもちろん初優勝。

果たして「天皇杯」を手にするのはどちらのチームでしょうか。

私もこの日、朝9時から「奈良マラソン2018」で42.195kmの戦いに挑んできます。

全くの練習不足で臨むことになりましたが、とりあえず「完走」を目指して走ってきます。

そして、そのあと夕方からは、冷たいビールを片手に「天皇杯」を存分に楽しみたいと思います。

あーっ、スポーツって最高!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする