足のサイズが小さい私がランニングシューズ選びに苦労する話

Amazon-ランニング・ジョギング
皆さん、こんにちは。

市民マラソンランナーのアキラです。

今日は私の「ランニングシューズ」選びについてお話したいとおもいます。

みなさんは、ランニングシューズにはどんなこだわりがありますか?

メーカーや色、デザイン、機能性、流行、そして価格など、選ぶ際にはいろんなポイントがありますね。

バラエティーに富んだランニングシューズ

スポーツオーソリティ(SPORTS AUTHORITY)公式通販サイト
たとえばメーカー一つとっても、有名なメーカーがいくつかすぐに思い浮かびますが、その中から「俺(私)はこのメーカーのシューズしか履かない」というようなこだわりというか好みを持っておられる方もいるでしょうし。

逆に「どこのメーカーのものでもいい。デザインが良く、フィット感があれば購入する」という方もおられるでしょう。

それから、シューズと言えば「色」ですかね。

これもたくさんの色のシューズが出ています。

例えば女性用だと、ピンク色などパステルカラーの明るい色をあしらったカワイイデザインのシューズがたくさんありますね。

この「色」についても、例えば自分の「勝負カラー」みたいなものを持っておられるのなら、きっとシューズの色もその色なのでしょう。

マラソン大会のスタート前の整列時に、他のランナーさんたちの足元を見てみると、本当に多種多様な色、デザインのシューズがあるなと思います。

私のシューズ選びは・・・

では、私はどうしているかと申しますと・・・。

私の足のサイズは「24.5cm」で、男性では小さい方です、間違いなく。

そして、この「24.5cm」というサイズのシューズが、けっこう品薄なんです。

マラソンを始めるまでは、そのことがさほど気になりませんでした。

気に入ったデザインで「24.5cm」がない時は、ちょっと大きいけどまあいいかと思って「25.0cm」のものを買って履いたりしていました。

ところがフルマラソンを走るのに、あるいは練習で何kmも走るのに、さすがにサイズの合わないシューズを履くわけにはいきません。

そんなことをしてしまうと、きっと足を痛めたり、ケガをしたり、あるいはフォームが崩れたりするかもしれません。

もちろん、タイムも距離も伸びないでしょう。足とシューズの相性というのはデリケートなもので、単にサイズだけでなく、フィット感がとても大事だと思います。

以前、お店で試し履きして「これならオッケー」と思って買ったシューズが、いざ練習で履いて走ってみると、シューズの縁(ふち)がくるぶしに当たり、痛みで走れなくなったことがあります。

そのシューズを履いたのはその1回きりで、以後、普段履き用にしました。

シューズ選びというのは本当に繊細なものですね。

そうであるからこそ、私はやはり「24.5cm」のシューズが欲しいのです。

ところが、先ほど書いた通り、このサイズのシューズは品薄で、例えばお店で気に入ったメーカー・デザインのものを見つけても、「24.5cm」というサイズは置いていないことが多いです。

デザインは捨てました

スポーツオーソリティ(SPORTS AUTHORITY)公式通販サイト
ランニングを初めた当初から、シューズを買い替える時にそのようなことを何度か経験しました。

そこで、ある時から「もう、メーカーやデザインにはこだわらないでおこう」「サイズとフィット感重視で選ぼう」と思うようになりました。

まずは「24.5cm」というサイズ。

品薄とはいえ、全くないわけではないので、メーカーやデザインは度外視して、まずはサイズ。

もし運よく見つかったら、次はメーカー、そして価格、デザインというように検討していきます。

それでオッケーなら試し履きをして購入を決めます。

そうやって購入したシューズを履いて走ってみて、もし違和感がなければ同じものを早いうちに再度購入するようにしています。

Greyerbaby / Pixabay

そうして、気づくと何年も全く同じ型のシューズを繰り返し履いているようになっています。

ちなみに、この数年、ずっと国内有名メーカーの「白色」ベースの同じシューズです。

履き心地はまったく問題ありませんし、走っていて足が痛くなるとかいうこともありません。

ただ、他のランナーの皆さんがとてもカラフルで素敵なシューズを履いておられるなか、「白」というのがちょっと残念なだけで・・・。

決して「白」が悪いというわけではないのですが、ランナーとしては、シューズに何を求めるかというと、最も大切なのは「機能性」だとしても、やはり「オシャレ感」もできればこだわりたいのです。きっと皆さんもそうでしょう。

例えばまったく同じ商品で、色が「白」と、それ以外のおしゃれな色・デザインのものがあるとすれば、多くの方は後者を選ぶのではないでしょうか。

私は、決して「白」が嫌いではありません。

ただ、シューズにはできればもうちょっと明るい、おしゃれな色・デザインのものを選べたらなあといつも思っています。

ところが、先ほどから書いている通り、なかなか「24.5cm」というサイズで色やデザインを選ぶのは難しいのが現状です。

洋服や靴下でも

ちなみに、この「小さいサイズ」問題は、シューズだけでなく「洋服」とか「靴下」にも存在します。

小柄な私は、大人用の洋服のサイズがなかなか合わなくて、残念な思いをすることがあります。

できれば「Sサイズ」が欲しいのですが、「Mサイズ」からというお店が今でもあります。

デザインが気に入ったからと、無理をしてその「Mサイズ」を試しに着てみると、間違いなく「ダボダボ」です。子供が大人の服を着ているような感じです。

最近でこそ「Sサイズ」の洋服が、ある程度は置かれるようになってきましたが、ちょっと前までは、Sサイズを最初から揃えていないお店が、有名なショッピングモールなどでも普通にありました。

では、同じことをシューズでもできるかというと、そこが難しいところです。

以前、一度「レディース」の24.5㎝のシューズを買って、走ったことがあります。
スポーツオーソリティ(SPORTS AUTHORITY)公式通販サイト

お店で試し履きしたときは、「ちょっときつい感じもあるけど、これなら何とかなるか」と思って、思い切って買ってみました。

ところが、いざ実際に走ってみると、やはりそのきつさが災いしたのか、すぐに足が痛くなってきました。

同じサイズでも、メンズとレディースでは微妙に形や大きさ(巾)などが違うのでしょう。

しばらくは白

実は、そんなことがいろいろあったのはもう数年前。

今は、先ほど書いた通り、ずっと同じメーカーの同じシューズを毎回購入しています。

色は、もちろん「白」。

履き続けてもう何年になるかわかりません。

ずっとそのシューズが、私の足を守り、私と一緒に戦ってきてくれました。

まさに「戦友」です。

きっと、しばらくは同じものをまた購入することになるでしょう。

でも、この記事を書いているうちに、「今度はちょっと違うデザインのものを購入してみようかな・・・」と、ちょっと浮気心が出てきたような。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする